織江緋之介見参

町奉行内与力奮闘記(一) 立身の陰

町奉行内与力奮闘記(一) 立身の陰

ISBN-10: 4344423860 2015年9月17日 352頁
「儂を大坂町奉行で終わらせるつもりか」。
若き内与力・城見亨は、主の曲淵甲斐守から叱責を受けた。
だが配下の町方は怠惰と汚職にまみれ言うことを聞かない。
どころか甲斐守を排除すべく老獪な一計を案じる。思惑の渦にのみ込まれた亨。
忠義心ゆえの生真面目さは町方の餌食か?
保身と出世欲が衝突する町奉行所内の暗闘を描く新シリーズ第一弾!
購入する方はこちらへ>>

町奉行内与力奮闘記(二) 他人の懐

町奉行内与力奮闘記(二) 他人の懐

ISBN-10: 4344424522 2016年3月17日 344頁
「他人の懐へ手出ししてきたのはそちらではないか」。
江戸町奉行に栄転早々、寺社奉行から因縁をつけられた曲淵甲斐守。
配下の町方が富くじの余得を奪おうとしたのが原因だという。
衝突回避のため内与力の城見亨が奔走するが、利権が絡む暗闘ゆえ闇は深い。
やがて騒動は吉原に飛び火。
甲斐守と亨の信念は町方の強欲にのまれるか。波乱の第二弾。
購入する方はこちらへ>>

町奉行内与力奮闘記(三) 権益の侵

町奉行内与力奮闘記(三) 権益の侵

ISBN-10: 4344425227 2016年9月14日 346頁
「儂は大目付か留守居になる」。
出世欲を滾らせる江戸町奉行・曲淵甲斐守は、内与力の城見亨に命じて寺社奉行との争いを治めたが、禍根を残した。
怒りに燃える寺社奉行側は、亨に狙いを定めて復讐計画を練る。
一方、既得権益を守りたい町方は、
奉行所改革を志す甲斐守排除のため本格的に動き出す。
主への忠義を貫く亨に刺客が殺到! 緊迫の第三弾。
購入する方はこちらへ>>

町奉行内与力奮闘記(四) 連環の罠

町奉行内与力奮闘記(四) 連環の罠

ISBN-10: 4344425839 2017年3月15日 337頁
「城見と浪人の遺恨騒ぎに仕立てあげようではないか」。内与力・城見亨襲撃事件さえ利用する老獪な町方ども。だが町奉行所改革に燃える亨の主・曲淵甲斐守が抜群の裁きで立ちはだかる。追い詰められた町方は、何と闇の勢力に接触。保身への執念は役人をここまで腐敗させるのか。亨に降りかかる絶体絶命……そこに思わぬ援軍が!激動の第四弾。
購入する方はこちらへ>>

町奉行内与力奮闘記(五) 宣戦の烽

町奉行内与力奮闘記(五) 宣戦の烽

ISBN-10: 4344426479 2017年9月14日 338頁
内与力・城見亨を慕う大坂娘の咲江が闇の勢力に狙われている。その背後には亨の主・曲淵甲斐守を追い落とそうとする町方役人の卑劣な思惑が。胡乱な輩と手を結ぶ与力同心など言語道断。全面対決を決意した甲斐守から咲江の護衛を命じられた亨は、刺客集団との血で血を洗う殺し合いを覚悟する!喰うか喰われるかの対決の行方は?白熱の第五弾。
購入する方はこちらへ>>

町奉行内与力奮闘記(六) 雌雄の決

町奉行内与力奮闘記(六) 雌雄の決

ISBN-10: 4344427114 2018年3月15日 336頁
江戸町奉行・曲淵甲斐守に追い詰められた町方は、怒濤の反撃に転じる。だが、切れ者甲斐守が策の応酬で負けるはずもなかった。内与力・城見亨を慕う大坂娘の咲江を襲った刺客の頭領――この男の捕縛が町方制圧への近道と判断し、意外な手を打つ。万策尽きた町方。だが既得権益への妄執が彼らを鬼に変える。甲斐守と亨に迫る凶刃! 迫力の第六弾。
購入する方はこちらへ>>

町奉行内与力奮闘記 (七) 外患の兆

町奉行内与力奮闘記 (七) 外患の兆

ISBN-10: 434442784X 2018年9月20日 331頁
多額の被害が出た盗難事件を巡って、南町奉行から喧嘩を売られた曲淵甲斐守。勝てば出世、負ければ没落の同役対決に敗北は許されぬ。内与力・城見亨は盗賊捕縛のために奔走するが、そこには意外な落とし穴が。一方、甲斐守との暗闘に敗れた元筆頭与力は人知れず復讐心を滾らせていた……。職務に忠実なればこそ敵は増える一方か? 怒濤の第七弾。
購入する方はこちらへ>>

  • 上田秀人作品一覧
  • 活動予定
  • 交流掲示板
  • 講談社BOOK倶楽部
  • 講談社BOOK倶楽部 百万石の留守居役
  • 光文社 上田秀人特設ページ