作品一覧

文庫 長編時代小説シリーズ[続刊予定]

     
  • 日雇い浪人生活録

    日雇い浪人生活録シリーズハルキ文庫

    若き田沼意次が挑む経済大改革に、わずかな金に汲々とする浪人が巻き込まれる!?江戸の「金」に正面から挑む新シリーズ、堂々のスタート!

    二巻までの詳細を見る>>

  •  
  • 禁裏付雅帳

    禁裏付雅帳シリーズ徳間文庫

    朝廷の完全支配なくして、真の天下統一なし。
    幕閣の密命を帯び、使番・東城鷹矢の苛烈な戦いがはじまる。
    圧倒的スケールの新シリーズ、開幕!

    四巻までの詳細を見る>>

  •  
  • 町奉行内与力奮闘記

    町奉行内与力奮闘記シリーズ幻冬舎時代小説文庫

    忠義心ゆえの生真面目さは町方の餌食か?
    保身と出世欲が衝突する町奉行所内の暗闘を描く新シリーズ

    四巻までの詳細を見る>>

  • 百万石の留守居役

    百万石の留守居役シリーズ講談社文庫

    四代将軍家綱の後継になんと加賀藩主前田綱紀を担ぎ出そうとする動きが。
    外様取り潰しの策略か。藩論二分する中で瀬能数馬は江戸へ。
    上田秀人の大型新シリーズ

    八巻までの詳細を見る>>

  • 表御番医師診療禄

    表御番医師診療禄シリーズ角川文庫

    表御番医師として江戸城下で診療を務める矢切良衛。ある日、大老堀田筑前守正俊が老中に殺傷される事件が起こり、不審を抱いた良衛は、大目付の松平対馬守と共に解決に乗り出すが……。

    九巻までの詳細を見る>>

  • 妾屋昼兵衛

    妾屋昼兵衛シリーズ幻冬舎時代小説文庫

    世継ぎなきはお家断絶。苛烈な幕法の存在は、「妾屋」なる裏稼業を生んだ。だが、相続には陰謀と権力闘争がつきまとう。ゆえに妾屋は、命の危機にさらされるーー。

    八巻までの詳細を見る>>

  • 御広敷用人

    御広敷用人 大奥記録シリーズ光文社文庫

    八代将軍となった徳川吉宗は幕政改革に乗り出した。手はじめは贅沢三昧をしてきた大奥の粛清。そのため以前、勘定吟味役として利用していた水城聡四郎を御広敷用人として登用した。

    十一巻までの詳細を見る>>

  • 奥右筆秘帳

    奥右筆秘帳シリーズ講談社文庫

    十一代将軍家斉の時代、江戸城のあらゆる文書が集中し、幕政の秘密に触れうる重要な役職である奥右筆。その組頭・立花併右衛門が敢然と挑むのは、幕政の深き闇。

    十二巻までと外伝の詳細を見る>>

文庫 長編時代小説シリーズ[完結作品]

  • 織江緋之介見参

    織江緋之介見参シリーズ〈新装版〉徳間文庫

    天下の御免色里、江戸は吉原にふらりと現れた若侍。
    遊女を人質に騒ぎ立てる男を手もなく斬り捨てた。
    名は織江緋之介。

    [全七巻完結]

    全七巻の詳細を見る>>

  • お髷番承り候

    お髷番承り候シリーズ徳間文庫

    将軍の身の回りの世話をするお小納戸の中で、唯一将軍に刃物を当てる事を許された月代御髪。俗に言うお髷番。四代将軍家綱は、その地位故に自由の利かぬ身に代って、お髷番・深室賢治郎へ密命を下す。

    [全十巻完結]

    全十巻の詳細を見る>>

  • 闕所物奉行 裏帳合

    闕所物奉行 裏帳合シリーズ中公文庫

    闕所とは、死罪、重追放などの刑罰に付随して行われる財産没収の刑。収公した屋敷、財産、土地を売却する闕所物奉行・榊扇太郎が世に蔓延る業を始末する。闕所物奉行とは江戸幕府の職名。大目付の下に属し、没収した財産の売却を司る役。

    [全六巻完結]

    全六巻の詳細を見る>>

  • 勘定吟味役異聞

    勘定吟味役異聞光文社時代文庫

    幕府の会計監察官に任命された水城聡四郎が、六代将軍・家宣の懐刀新井白石の命を受け、江戸の金に纏わる闇を斬る。

    [全八巻完結]

    全八巻の詳細を見る>>

  • 織江緋之介見参

    織江緋之介見参徳間文庫

    将軍家指南役小野派一刀流の血を引きながら、吉原に隠棲する若き剣士が、巨大な悪と戦う。愛する女を失った男の想いは、誰に向けられていくのか。

    [全七巻完結]

    全七巻の詳細を見る>>

  • 三田村元八郎シリーズ

    三田村元八郎シリーズ徳間文庫

    (将軍家見聞役・元八郎 旧シリーズ)

    元南町奉行所同心三田村元八郎が九代将軍家重の命を受けて幕府を揺るがす敵と戦いながら、謎を解き明かしていく。

    [全六巻完結]

    全六巻の詳細を見る>>

文庫 長編時代小説 / 短期シリーズ[前後編・二巻完結など、短いシリーズ作品]

単行本

  • 辻番奮闘記 危急

    辻番奮闘記 危急集英社

    • ISBN:4087455610
    • 2017年3月17日 320頁
    藩の窮地を救うため、奮闘する辻番たちの活躍!書き下ろし時代小説
    将軍家光は、長引く島原の乱の鎮圧のため、老中松平伊豆守に討伐の命を下す。
    不穏な気配は江戸にも漂い、辻斬りが横行。班内に和蘭陀商館を持つ平戸藩江戸家老は、幕府の疑念を逸らすため、斎弦ノ丞らを辻番に任命し、江戸の治安を護る忠誠心を見せようとする。

    [文庫本]

  • 裏用心棒譚 茜の茶碗

    裏用心棒譚 茜の茶碗徳間書店

    • ISBN:419864361X
    • 2017年3月8日 344頁
    矜持が擦り切れる、その前に──
    当て身一発で追っ手を黙らす。浪人の小宮山は凄腕の見張り役だ。盗賊からの信頼も篤く、仕事は引きもきらない。しかし彼には、裏の顔があった――。
    相馬中村藩に下賜された茜の茶碗が盗まれた。事が露見すればお家取り潰しは必至。不測の事態に焦った藩主は、一番の剣の遣い手に茶碗捜索を命じる。それが小宮山だったのだ。
    浪人になりすまし幾度も盗みに立ち合うが、目当てのものは見つからない。捜索開始から二年。更なる難題が小宮山に降りかかる…。

    [単行本]

  • 峠道 - 鷹の見た風景

    峠道―鷹の見た風景―徳間書店

    • ISBN:4198941955
    • 2016年2月3日 320頁
    藩の窮地を救うため、奮闘する辻番達の活躍!書き下ろし時代小説。
    将軍家光は、長引く島原の乱の鎮圧のため、老中松平伊豆守に討伐の命を下す。
    不穏な気配は江戸にも漂い、辻斬りが横行。藩内に和蘭陀商館を持つ平戸藩江戸家老は、
    幕府の疑念を逸らすため、斎弦ノ丞らを辻番に任命し、江戸の治安を護る忠誠心を見せようとする。
    だが、弦ノ丞らは任務初日に剣戟に遭遇し、政争に巻き込まれていく・・・。

    [文庫本]

  • 武士の職分

    武士の職分角川文庫

    • ISBN:4041026237
    • 2016年10月25日 272頁
    表御番医師、奥右筆、目付、小納戸――江戸の「役職」を描く書き下ろし作
    役目を減らすことは、役人の席を奪うこと。己の存在意義と既得権益をめぐり、武士たちは熾烈な競争を繰り広げた。
    世襲を旨とする幕府が、唯一実力主義を徹底した医師。大名・旗本が敵に回すことを最も恐れた奥右筆。親兄弟であろうと罪を暴き、なりふりかまわぬ手柄を求めた目付。人も羨む出世と引き替えに、お手討ちもありえた小納戸――役人たちの闘いと身につまされる宮仕えの日々を、新たな筆致で描く渾身の書き下ろし。

    「やられた! するどい考証の切っ先が、読者の胸元につきつけられる。上田さんの時代小説の新しい作法に舌を捲きます」
    s――北原進(歴史学者・品川歴史館館長)

    [文庫本]

     
  • 傀儡に非ず

    傀儡に非ず徳間書店

    • ISBN:4198641242
    • 2016年3月9日 346頁
    天下を望むな、望めば滅する
    裏切りと欺きが繰り返される戦乱の世。天下統一を目指し勇将たちが生死をかけてしのぎをけずるなかにあって、荒木村重の存在は異彩を放っていた。その類まれな知略と胆力は、戦国の雄・織田信長をも惹き付けた。信長の膝下でさらに権勢を拡げる村重。しかし突如として謀叛を企てる。なぜ村重は勝ち目のない戦いを選んだのか。そこには意外な真実が――。合戦に次ぐ合戦。その狭間で織りなされる人間模様。上田秀人が描く、怒涛の戦国絵巻。

    [ハードカバー]

     
  • 梟の系譜

    梟の系譜講談社文庫

    • ISBN:4062932571
    • 2015年11月13日 480頁
    天文三年、備前・砥石城へ浦上家の重臣・島村宗政の軍勢が押し寄せてきた。
    悪人の名を乱世に轟かせた、宇喜多直家の全貌を描ききった本格歴史長編。

    [文庫本]

  • 鳳雛の夢

    鳳雛の夢光文社

    • ISBN:4334929796
    • 2014年11月14日 517頁
    奥州制覇――吾の夢に、そなたは要る。伊達政宗一代記。
    戦国乱世――初陣から人取り橋の戦い、摺上原の合戦、小田原参陣、大坂冬の陣・夏の陣、と乱れ行く戦国を、寵臣・片倉小十郎との熱き絆で生き切った伊達政宗の生涯を描く、感動巨編。

    [ハードカバー]

  • 大奥騒乱 - 伊賀者同心手控え

    大奥騒乱 - 伊賀者同心手控え徳間文庫

    • ISBN:4198939071
    • 2014年11月7日 381頁
    大奥の闇、忍の掟。
    十代将軍家治の治世。江戸幕府の最高責任者・田沼意次の失墜を企てる松平定信は大奥の取り込みに動く。そこで一兵が見たものとは。

    [文庫版]

  • 孤闘 - 立花宗茂

    孤闘 - 立花宗茂中央公論新社

    • ISBN:4120040186
    • 2009年5月10日 356頁
    第16回 中山義秀文学賞 受賞!
    武勇に誉れ高く、乱世に義を貫き通した最後の戦国武将の風雲録。大友家臣として島津と戦い、秀吉下での朝鮮従軍、さらに家康とも対決した。時代小説の旗手、渾身の書き下ろし。

    [四六判(ハードカバー)]

  • 天主信長 - 我こそ天下なり

    天主信長 - 我こそ天下なり講談社

    • ISBN:4062161656
    • 2010年8月26日 322頁
    手がかりは安土城にあった。驚愕の信長劇場
    信長はなぜ、安土に豪壮な城を築かねばならなかったのか。秀吉の参謀、竹中半兵衛と黒田勘兵衛が、壮大なる野望の真相に迫る。430年の時を超える「本能寺の変」の新説―

    [ハードカバー / 講談社100周年記念出版]

  • 大奥騒乱 - 伊賀者同心手控え

    大奥騒乱 - 伊賀者同心手控え徳間書店

    • ISBN:4198632456
    • 2011年9月29日 341頁
    大奥の闇、忍の掟。
    十代将軍家治の治世。江戸幕府の最高責任者・田沼意次の失墜を企てる松平定信は大奥の取り込みに動く。そこで一兵が見たものとは。

    [四六判(ハードカバー)]

  • 梟の系譜 - 宇喜多四代

    梟の系譜 - 宇喜多四代講談社

    • ISBN:4062180367
    • 2011年11月16日 354頁
    父から子へ-。引き継がれた復讐の魂。
    父から子へ。復讐の魂が、若き直家に引き継がれた。前・砥石城へ浦上家の重臣・島村宗政の軍勢が押し寄せてきた。守勢は、もう一人の重臣・宇喜多能家。病で戦陣に立てない能家は籠城を諦め、息子・興家と孫の八郎を城から逃がす。親子は備前福岡の豪商の家に身を寄せるが、やがて父は亡くなり、八郎は直家と名を改め旧家・浦上家に潜りこむ。

    [ハードカバー]

  • 梟の系譜 - 宇喜多四代

    日輪にあらず - 軍師 黒田官兵衛徳間文庫

    • ISBN:4198937591
    • 2013年11月1日 509頁
    信長、秀吉が最も怖れた男
    仕えていた小寺政職を見限り、織田信長の寵臣・羽柴秀吉についた黒田官兵衛。
    天下統一の宿願を信長に託す。だが、本能寺の変が勃発。秀吉は涙を流し、茫然自失。そこに官兵衛がささやきかけた。「ご運の開け給うときでござる。よくなされたまえ」。――秀吉を覇に導き、秀吉から最も怖れられた智将。その知られざる野心と悲哀を描く、著者渾身の戦国時代絵巻!
  • 梟の系譜 - 宇喜多四代

    峠道―鷹の見た風景―徳間書店 創立60周年記念作品

    • ISBN:4198637695
    • 2014年3月12日 301頁
    名君・上杉鷹山、その魂の物語
    財政再建、農地開拓に生涯にわたり心血を注いだ米沢藩の名君・上杉鷹山。
    招かれざるものとして上杉家の養子となった幼少期、聡明な頭脳と正義感をたぎらせ藩主についた青年期、そして晩年までの困難極まる藩政の道のりを丹念な文章で紡ぐ。
    寵臣の裏切り、相次ぐ災厄、領民の激しい反発ーー、それでも初志を貫けた背景には愛する者の存在があった。 名君はいかにして名君たりえたか。知られざるその素顔と生涯に迫る感動の本格歴史小説。著者畢生の傑作。

    [ハードカバー]

短編・未収録作品

アンソロジー本、雑誌掲載の未収録作品など。

短編・未収録作品一覧 >>

上田秀人公式ガイドブック

  • 表御番医師診療禄

    上田秀人公式ガイドブック徳間文庫

    • ISBN:4198936765
    • 2013年4月5日 346頁
    デビューから十年あまり。
    いまや読者の圧倒的支持を得るに至るが、その道のりは決して平坦ではなかった。
    創作活動における曲折と決意を明かすロングインタビューはファン必読。 さらに、特別書下し短篇「織江緋之介見参外伝 吉原前夜」、縄田一男氏による「上田秀人総論」など多彩なラインナップが満載。上田秀人のすべてが凝縮された公式ガイドブック。

    購入する方はこちらへ>>

  • 上田秀人作品一覧
  • 活動予定
  • 交流掲示板
  • 講談社BOOK倶楽部
  • 講談社BOOK倶楽部 百万石の留守居役
  • 光文社 上田秀人特設ページ